So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<トルコ>「エルトゥールル号」沈没で追悼式典 和歌山(毎日新聞)

 1890年に和歌山県串本町沖で沈没したトルコ軍艦「エルトゥールル号」の犠牲者を悼む日本トルコ友好120周年追悼式典が3日、三笠宮寛仁さまやエ号司令官の子孫らを迎え、同町であった。

 海上自衛隊の護衛艦「せとゆき」で遭難海域へ向かった関係者約90人は、全員で黙とうし、菊の花束を海にささげた。セルメット・アタジャンル駐日トルコ大使は「命を落とした将兵を慰めてこられた町民に心より感謝申し上げます。その魂は、温かく慈悲深い日本国民の懐に抱かれ安らかに眠っていることでしょう」と追悼の言葉を述べた。

<諫早干拓>農水幹部を長崎に派遣(毎日新聞)
逃走男、周到に準備か=長い刃物、手袋着用−弁護士殺害事件・神奈川県警(時事通信)
<在日米軍再編>普天間移設 「ジュゴン、絶滅する」 自然保護団体の反対相次ぐ(毎日新聞)
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」(産経新聞)
【首相辞任】参院選「7月11日が望ましい」 小沢幹事長(産経新聞)

小沢氏に国会での説明責任要求 谷垣、渡辺氏(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は21日夕、民主党の小沢一郎幹事長が自らの資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で再び不起訴処分になったことについて「(起訴相当を議決した)検察審査会の議決はよくできていた。(小沢氏をめぐる疑惑は)完全にクリアになっていない」と述べた。

 同時に「刑事面の進展とは別に、政治で何をするかも問題だ。衆院予算委員会の集中審議や証人喚問要求にはゼロ回答だ」と、国会での説明に応じない小沢氏を非難した。

 みんなの党の渡辺喜美代表は記者会見で「納得のいく、国民の腑(ふ)に落ちる説明をまだ聞いていない。国会での真相究明は引き続き要求していく」と強調した。

【関連記事】
小沢氏を再び不起訴処分 東京地検特捜部
「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談
小沢氏「普天間、すんなりいかない」
福田元首相「輿石氏こけたら、小沢さんは、やりようなくなる」
郵政票目当て?小沢氏、亀井氏に「合併」打診するも振られる
中国が優等生路線に?

<著作権>権利制限の一般規定導入へ(毎日新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種してもなぜ殺処分?(毎日新聞)
<口蹄疫>エース級種牛感染疑い…避難6頭中の1頭(毎日新聞)
<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)
事業仕分け 電気メーター検査 民間参入促す(産経新聞)

湯浅氏が国際現代音楽協会名誉会員に(時事通信)

 日本現代音楽協会に14日までに入った連絡によると、作曲家の湯浅譲二氏が国際現代音楽協会の名誉会員に承認された。同会員にはストラビンスキーやバルトークらが名を連ねており、日本人では故武満徹氏と松平頼暁氏に次いで3人目。
 湯浅氏は1929年福島郡山市生まれ。オーケストラ、室内楽、合唱、劇場用音楽、電子音楽など幅広い分野で活躍。国際的評価も高い。 

高速道の新割引 6月断念を表明 国交相(産経新聞)
青木氏不出馬を確認=自民・細田氏(時事通信)
<厚労省独法>12道県で不適切会計 地方業務委託巡り(毎日新聞)
“唯一無二”のチェロ、無事戻る 作家の藤谷治さん「安心した」(産経新聞)
挙党一致を強調=党役員、閣僚にも指導力求める−民主・小沢氏(時事通信)

東国原知事が小沢幹事長と会談、話題は…(読売新聞)

 宮崎県の東国原英夫知事は7日、民主党の小沢幹事長と宮崎市内で会談し、感染が拡大している口蹄疫を巡り、防疫の徹底やウイルス侵入経路の解明、農家への支援拡充について協力を求めた。

 会談は非公開で行われた。終了後、取材に応じた東国原知事は、同県川南町などの防疫態勢に触れ、「同町のような(畜産農家の)密集地が、今の防疫対策でいいのか検証してほしいとお願いした」と説明。同町では感染が拡大し続けていることから、「現場は、このままでいいのかと疑問視している。早急に見直しを含めて検討してほしい」と注文した。

 小沢幹事長は報道陣に対し、「もっと(家畜の)処分の対象を広げねばならないかもしれないし、それには政府の対応も要る。早く感染を止める処置を講じるよう政府へ申し上げたい」と述べた。

<女性遺体>死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
<葬儀>小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で(毎日新聞)
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
普天間移設 防衛相、沖縄知事と会談 政府案の理解求める(毎日新聞)
公益法人など78候補判明=20日から仕分け後半戦(時事通信)

苦手分野に重点=実用問題も多数−学力テストが終了・文科省(時事通信)

 小学6年と中学3年を対象にした全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が20日、終了した。過去3回の調査で理解不足が判明した分野が重点的に出題されたほか、論理的な思考力や表現力を問う問題、実生活に即した設問が引き続き多かった。
 文部科学省は7月中下旬をめどに集計結果を公表する。
 テストは国語と算数・数学の2教科で、基礎知識を問うA問題と、知識を実生活に活用できるかを試すB問題がある。問題数はそれぞれ10〜36問で、昨年とほぼ同量だった。 

【関連ニュース
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で
空自談合の企業と契約=学力テスト採点業務
テスト点数かさ上げ=教員が誤答を書き換え

万引き「高齢者」増える、景気低迷?食品中心(読売新聞)
<民主党>予算圧縮進まず 参院選マニフェストで中間報告(毎日新聞)
母子が死亡、殺人で捜査=市営住宅で−京都府警(時事通信)
<愛知3遺体遺棄>逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
中国「必要な防衛措置」=ヘリ近接飛行を正当化(時事通信)

医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)

 日本による医療ツーリズムを発展させる上での課題を明確にするため昨年度に実施した「国際メディカルツーリズム調査事業」を受けて、経済産業省が近く公表する報告書の内容が4月16日、明らかになった。医療ツーリズムへのニーズが高く、地理的に日本に近いロシアと中国を、日本にとって「有望な市場」と考えられる国に位置付け、両国での日本医療の知名度を上げるため、国家レベルでのプロモーション活動など4点が重要だと提言している。

 日本の医療の知名度を向上させるための取り組みとして報告書が提言しているのは、国家レベルでのプロモーション活動のほかに、▽潜在的な顧客への口コミによる直接プロモーション活動▽現地メディアを通じたプロモーション活動▽海外の医療機関との相互交流や構築と推進-の3点。
 また、健診で異常が発見されて治療が必要になったり、最初から治療目的で来日したりして滞在期間が観光ビザの期限を超えるケースも想定されるため、「医療用ビザ」の創設など、受け入れ態勢の整備を中長期的な課題に位置付けている。
 このほか、診断書の翻訳内容などの正確性を担保するため、政府による医療通訳・翻訳者のレベル認定などを今後の検討課題に挙げている。

 国際メディカルツーリズム調査事業は、医療ツーリズムを継続的に実施する上で医療機関や旅行代理店などに求められる機能を検証する「実証事業」と、実証事業に参加した医療機関側の課題認識や、医療ツーリズムに対する海外のニーズなどを把握する「各種調査事業」が柱。

 実証事業では、今年2月から3月にかけて国内の9医療機関で受け入れた外国人24人(中国8人、ロシア10人、米国3人、韓国3人)に健診などを体験してもらい、満足度などを質問。20人(中国8人、ロシア7人、米国3人、韓国2人)が回答した。

 その結果、日本の医療機関を受診した外国人が「満足」(「非常に満足」と「やや満足」)と答えたサービスは(複数回答)、「健診、治療行為実施時、結果説明時の通訳サービス」と「病院スタッフのホスピタリティ」が共に95%で最も高く、以下は「健診、治療行為の進行の円滑さ」と「医療施設の雰囲気」(共に90%)、「健診、治療行為の内容」(85%)など。これに対して「文化的・宗教的な面での病院側の配慮」では、「満足」が55%にとどまった。
 日本で健診・治療サービスをまた受けたいと思うかどうかに対する回答は、「受けたい」(75%)、「どちらとも言えない」(20%)などで、「受けたいと思わない」はなかった。これらから報告書では、今回の実証事業を通じては「日本における医療ツーリズムに肯定的な評価が得られた」との見方を示している。

 一方、医療機関側からは、問題発生時のコスト負担や補償を可能にするセーフティーネットの検討や、治療に対応したビザの整備などが課題に上がった。

 また、海外ニーズの調査はシンガポール、タイ、中国、ロシアの関係者を対象にヒアリング形式で実施。報告書では、シンガポールでの日本医療に対する評価について、実態が知られておらず「漠然とレベルが高くないと思われている」と指摘。タイに関しては、「日本の医療を知らないタイ人からは(日本の医療レベルが)低いと考えられている」との見方を示している。

 これに対して中国とロシアでは、「平均的な医療サービス水準は、世界的に見ても日本がダントツ」「モスクワ、韓国などの医療サービスと比較しても、日本の医療には競争優位性がある」など肯定的な声が多かった。


【関連記事】
医療・介護の成長産業化、社会保障目的の消費増税を提言―日本経団連
医療機関による外国人受け入れを支援−JTB
医療・介護を「リーディングインダストリーに」―産業競争力部会
医療観光の推進で3省庁の連絡会議を―観光庁
国際競争力高め、医療ツーリズム推進を―観光庁研究会

プラスチック 強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
「成長戦略」追加、民主が参院選公約の骨格案(読売新聞)
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)
インサイトもタクシーに…埼玉知事が特区提案(読売新聞)
火災 2階建てアパート焼け1人死亡1人重体 東京・足立(毎日新聞)

25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)

<命名訴訟>「玻南」不受理は適法 最高裁、両親の抗告棄却(毎日新聞)

 人名漢字にない「玻(は)」の字を使ったことを理由に、名古屋市が次女の出生届を受理しなかったことを不服として両親が申し立てていた家事審判で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は7日付で、不受理を適法とした名古屋高裁決定を支持し、両親の抗告を棄却した。母の矢藤清恵さん(39)=名古屋市東区=は「玻の字が人名にふさわしいという私たちの主張を検討したと思えない。とても残念」と話している。

 矢藤さんと夫仁さん(41)は、08年11月に生まれた次女に「玻南(はな)」と命名。しかし「玻」の字が戸籍法施行規則の定める人名漢字にないことから東区役所は出生届を不受理とした。矢藤さんは名古屋家裁に不受理処分の不服申し立てをしたが却下。同高裁も抗告を却下したため09年11月、最高裁に許可抗告していた。矢藤さん夫妻は、9日にも改めて「はな」の名前で出生届を区役所に提出する予定。日常生活では玻南を使用するという。【山田一晶】

【関連ニュース
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
スピード違反:ミスで赤切符20人、最高裁が略式命令破棄
政調費:任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁
街頭募金詐欺:被害特定できなくても罪成立 最高裁

石原都知事 新党から出馬「あり得ない」(毎日新聞)
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕−千葉(時事通信)
将棋 三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
避妊具自販機投資募る=970人から10億円集金か−岐阜県警(時事通信)
医学部などの新設、意見集約できず−全自病(医療介護CBニュース)

<雑記帳>小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)

 テレビ番組「笑点」で互いの古里自慢を繰り広げる山梨県大月市出身の三遊亭小遊三さんと埼玉県秩父市出身の林家たい平さんが6月6日、大月市民会館で“激突”する。題して寄席「笑いの対決」。

 小遊三後援会が主催し市が後援する。両市とも首都圏にほど近く、面積の8割以上を森林が占める小都市。「大喜利」では小遊三、たい平両師匠による「大月・秩父代理戦争」が名物になっている。

 当日は両市長も“参戦”予定。石井由己雄・大月市長は「秩父はセメント会社のイメージ。交通の便は大月がはるかに良い」と先制攻撃。問い合わせは同会(0554・22・4811)。【福沢光一】

【関連ニュース
遊ナビ:寄席 /東京
林家木久扇:師匠急死を回顧 「ショックでしたねえ」
落語:円楽襲名興行 笑点メンバーが爆笑あいさつ
林家こん平:絶叫「チャラ〜ン!」が戻ってきた
落語:毒舌飛び交う披露公演に六代目新円楽は涙

校長の発言、人権侵害と勧告=女児殺害事件後に同級生PTSD−九弁連(時事通信)
邦夫氏の不参加確認 平沼氏、新党結成で(産経新聞)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)
銀行本店に油まき放火=男を確保、けが人なしか−山形(時事通信)
<児童福祉法違反>熊本の中学教諭逮捕 生徒にわいせつ行為(毎日新聞)

【話題の本】『考えない練習』小池龍之介著(産経新聞)

 ■ネット時代に疲れた人の処方箋

 帯には「休脳のススメ」のコピー。目をつぶり、バスの壁際に頭を寄せる著者の穏やかな表情が目を引く。「脳ブーム」の時代に「考えない」効用を説いた指南書が、2月の発売から1カ月余りで5刷3万8千部を発行、順調に売れ行きを伸ばしている。

 著者の小池龍之介さんは、山口県の正現寺副住職、東京都世田谷区の月読寺住職として修行を積む現役僧侶。お寺とカフェの機能を兼ね備えた「iede cafe」運営のほか、カルチャーセンターで一般向けの座禅指導にも取り組んでいるほか、旺盛な執筆活動で『「自分」から自由になる沈黙入門』(幻冬舎)などヒット作を連発している。

 余計なことを考えすぎてしまう「思考病」が、集中力の低下やイライラ、不安を引き起こしていると本書は説く。目、耳、鼻、舌、身(感触)の五感をとぎすまし、自由な思考を獲得するための練習として、「話す」「聞く」「見る」といった日常のさまざまな場面の行動を検証していく。

 仏教用語をやさしく解説しながら、心身をゆがませる行為を律する記述に、耳が痛くなることも。「(ブログや掲示板などで)自我を肥大させるものを読まない、書かない」「メールではなるべく相手の自我を刺激しない」といった指摘は、ネット時代に疲れた人にとっての処方箋(しょほうせん)にもなりそうだ。

 編集担当者は「座禅を通じて集中力の向上を目指してきた小池さんの集大成的な本。話す、食べるといった日常的な動作から始められる実践的な部分が受け入れられたのではないか」と話す。

 「脳ブーム」に疑義を唱える本書には、著者と脳研究者の池谷裕二氏の対談も収録。脳と心をめぐる2人の対話も刺激的だ。(小学館・1365円)(三品貴志)

<振り込め詐欺>70代女性3500万円の被害 福岡(毎日新聞)
週内に新党結成=与謝野氏(時事通信)
巨大しごと館、厳しい再就職 あす閉館 買い手なく、廃虚化恐れも(産経新聞)
<北海道厚沢部の車両火災>子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
<大阪虐待死>死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。