So-net無料ブログ作成
検索選択

「音環境で健康に」 大橋道場に120人(産経新聞)

 NPO法人「ものづくり生命文明機構」主催の講演会「大橋道場」が27日、都内で開かれ、生命科学者で国際科学振興財団主席研究員の大橋力(つとむ)氏(77)が財界、官界などの約120人を前に講義した。

 作曲家でアニメ映画「AKIRA」の音楽監督も務めた大橋氏は、人間に聞こえない超高周波を含む自然音が脳を活性化させる現象を研究。

 講義では都市の低周波の人工音などがストレスを増やしているとして「熱帯雨林に近い音環境を人為的に作り出すことで、生物の本来的な健康を取り戻せる」などと力説した。

【めざせ!ネイル美人】ピンク恋し春(産経新聞)
非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに−政府(時事通信)
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑−沖縄県警(時事通信)
動物たちに長〜く会える 動物園、水族園が時間延長(産経新聞)
東名64キロ、関越50キロ 3連休最終日に激しい渋滞 (産経新聞)

<強風>21日夕にかけて20メートル超す風も(毎日新聞)

高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)

 奈良県明日香村の高松塚古墳(7世紀末〜8世紀初め)の国宝壁画が劣化した原因を調査してきた文化庁の検討会(座長、永井順国・政策研究大学院大学客員教授)は24日、報告書を玉井日出夫・文化庁長官に提出した。自然的要因に72年の発掘後の保存対策のまずさが重なり劣化したと結論づけ、主原因は明示しなかった。

【ニュースボックス】1972(昭和47)年3月21日 高松塚古墳から極彩色の壁画発見

 検討会は08年7月からカビなどの微生物や壁画材料、過去の保存修理記録などを調査。発掘後、劣化が急速に進んだ人為的要因として、▽80年代前半、壁画の下地の漆喰(しっくい)をアクリル樹脂で強化した場所にカビが発生することがわかったが、対応策を検討しなかった▽石室と保存施設をつなぐ「取り合い部」天井の土が崩落していることがわかっていながら01年まで放置した▽保存施設の温度調節機能は76年の稼働開始時から不具合があったが、改善されなかった−−などを指摘した。

 また、保存施設が完成して本格的に壁画の修理が行われた76年以降、外部の専門家による調査会が開かれず、作業が現場任せとなったとしてチェック体制の不備を指摘した。【高島博之】

【関連ニュース
【必見!写真特集】高松塚古墳:発掘直後、36年前撮影のカラー8ミリ発見
<ことば>高松塚古墳
<こちらもカビ問題>新潟市美術館:カビ・クモ発生問題 仏像展の会場変更決定
<ニュースがわかる>雨の季節にカビと暮らす工夫 08年7月号
<こちらはキトラ古墳の壁画>ニュースがわかる:十二支のルーツを探る

【WEB人】ITジャーナリスト兼コンサルタント・林信行さん(42)(産経新聞)
眞子さま、佳子さまご卒業(産経新聞)
鳩山政権半年、職ない・保育所足りない・期待なし(読売新聞)
<訃報>木村威夫さん91歳=映画美術監督「海と毒薬」(毎日新聞)
<大洋薬品工業>配合量誤り業務停止へ 岐阜県が方針固める(毎日新聞)

村田元外務次官が死去=核密約引き継ぎを証言(時事通信)

 外務事務次官や駐米大使を務めた村田良平(むらた・りょうへい)氏が18日午後、肺がんのため京都市内の自宅で死去した。80歳だった。京都府出身。葬儀は親族のみで営まれる。
 村田氏は麻生政権当時の昨年6月、1960年の日米安全保障条約改定時の核兵器持ち込みをめぐる密約が、東西冷戦期の歴代政権で引き継がれていたことを実名で証言して波紋を広げ、鳩山政権が密約解明に乗り出すきっかけの一つとなった。 

トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
緊急合同就職面接会 東京商工会議所(産経新聞)
JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)
テロ支援団体に中古車輸出か 無車検車運転容疑、3パキスタン人逮捕(産経新聞)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)

サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練−発生15年・東京消防庁など(時事通信)

 オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で丸15年を迎えるのを前に、東京消防庁などは16日午前、東京メトロ半蔵門線大手町駅(千代田区)で、化学兵器テロを想定して大規模な合同訓練をした。
 訓練には同庁の19部隊が出動し、東京メトロなど6組織の113人が参加。同駅改札口付近でビニール袋に入った液体がまかれ、十数人の負傷者が出たと想定した。
 防護服姿の隊員が負傷者搬送をするとともに、地上では回収した液体の成分を測定。負傷者の搬送や治療の優先順位を判断する「トリアージ」も訓練した。
 丸の内消防署の佐野元康署長は「自分の役割を認識し、連携して動いていた。訓練はサリン事件の風化防止にもつながる」と話した。 

窓ガラス破損で誤認逮捕=会社員男性、即日釈放−鳥取県警(時事通信)
【風】利用者本位の制度に(産経新聞)
<硫化水素自殺>製造中の車内で従業員が 愛知・トヨタ車体(毎日新聞)
「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
ベスーン容疑者 過去に船舶事故、死者も(産経新聞)

【アニマル写真館】「シタツンガの赤ちゃん」 神戸市立王子動物園(産経新聞)

 神戸市灘区の市立王子動物園に新たに仲間入りしたのは一見、シカに見えるが、れっきとした「ウシ科」の草食獣、シタツンガの赤ちゃん。平成21年12月、父のアラシ(3)と母のアスカ(2)の間に生まれた。性別はまだ分からないが、母親に寄り添って甘えながら、すくすくと育っているという。

 シタツンガの生息地はアフリカの沼地や湿地。ぬかるみに足が取られないようひづめが長くなっており、いざとなれば水中に潜ることもできる“器用者”だ。王子動物園では10年ぶり、6例目の繁殖となった。

 背中にある斑点(はんてん)といい、体のつくりといい、見た目は子ジカ。「バンビちゃん」と声をかける来園者も少なくないとか。生まれてからまもなく3カ月。「モーそろそろボクのことを覚えてほしい」と思っているかも?

普天間移設 首脳会談で議論せず 核サミット時、短時間の表敬扱い(産経新聞)
冬に貯めてしまった“アレ”を落としましょう!<前編>
国宝仏像展、文化庁が認めず…管理ずさん新潟市(読売新聞)
<自己破産>北海道のタツル総業 故中川氏親子の後援会幹部(毎日新聞)
09年度予算、各省で「仕分け」=概算要求に反映−刷新会議(時事通信)

偕楽園の景観に合わない…水戸・千波湖の「白鳥」消える?(産経新聞)

 千波湖(水戸市千波町)の白鳥が消える

 水戸市で湖面に浮かぶスワンボート型の水質浄化装置「ジェットストリーマー」のデザイン変更が計画されている。もともと装置が目立たないようにスワンボート型のカバーをかぶせていたが、歴史的まちづくりを進め、景観の維持、向上に取り組む水戸市は「景観に合わなくなっている」と判断。早ければ年内にも新しいデザインに一新されるという。

  [フォト]合う?合わない? 水戸・千波湖の「白鳥」の引きの写真

 ジェットストリーマーは、農業用水として使用される千波湖の水質を保つため平成9年に導入。ジェットポンプで水をかきまぜるほか、オゾンを発生させてアオコを死滅させる機能があるという。

 装置にスワンボート型のカバーをかぶせた目的は「ボートが浮かぶ湖面で違和感がないようにするため」(市河川排水整備課)だったが、逆に「偕楽園の景観には合わない」などの苦情の声は設置当初からあったという。市としても歴史的まちづくりを進める中で、景観に合わなくなったと判断、デザイン変更の方針を決めた。

 事業費1500万円を盛り込んだ平成22年度予算案が開会中の市議会で可決されれば、同課で新しいデザインを検討。年内のデザイン変更を目指している。(城野崇)

【関連記事】
世界遺産は夢と消え… 宮城県「松島」登録断念のワケ
「芦屋の景観にふさわしくない」 市がマンション計画不認定に
芦屋で御法度の“キャバクラ”経営 逮捕の2世タレントが掘った墓穴とは
箕面公園 紅葉が泣く 「廃屋」を放置 観光客ら訴え 
桃源郷保存へ正念場 秋田「手這坂集落」財政支援要請へ

<萩原朔太郎>マンドリン曲がCDに 音楽家への思いが結晶(毎日新聞)
歴代首相の招致要求をけん制=自民・大島氏(時事通信)
首相動静(3月7日)(時事通信)
調査捕鯨妨害 「昭南丸」侵入容疑で拘束の男逮捕へ 海保(毎日新聞)
山内議員元秘書を再逮捕へ 新たに4000万円詐取容疑(産経新聞)

自民・平将明氏「大島氏は顔が怖い」(産経新聞)

 自民党執行部が3日に党本部で開いた衆院当選期別の懇談会で、当選2回の平将明氏は、大島理森幹事長について「テレビに出る顔が怖い」と指摘。「記者会見などでテレビに出るたびに厳しいイメージを作られているようにみえ、マイナスだ」と訴えた。

 大島氏は「党にマイナスイメージを与えているようなら反省したい。谷垣禎一総裁が『辞めろ』と言われるまでこの仕事を続けなければならないので笑顔を心がけたい」と「怖い顔」をさらにしかめた。

【関連記事】
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判
自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」
自民党内に危機感 舛添氏が新勉強会発足 
自民・大島氏「倫理観ゼロ」 石川被告の離党・辞職否定で
参院過半数で社民の心理的影響を注視 自民・大島幹事長
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)
北教組、違法献金事件で支部にかん口令(読売新聞)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)
<慰安婦訴訟>中国人女性の上告棄却 最高裁(毎日新聞)
参加条件「小沢氏喚問」は筋違う=首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。